ヨハンナ比較文化研究所

アクセスカウンタ

 毎朝読もう、沖縄の新聞! 「沖縄タイムス」 「琉球新報」

zoom RSS ドキュメンタリー「魔女狩り」(Witch Hunt)英国労働党とシオニズム

<<   作成日時 : 2019/04/07 04:56   >>

トラックバック 0 / コメント 0

 2019 年2月、ドキュメンタリー映画、『魔女狩り』(Witch Hunt、2019)の英国議会における上映が中止に追い込まれた。ジョン・プルマン(Jon Pullman)監督によるこの作品は、労働党員でジェレミー・コービンの支持者であり、人種差別に反対する黒人であり、パレスチナに連帯する左派ユダヤ人でもあり、女性でもある活動家、ジャッキー・ウォーカー(Jackie Walker)が反ユダヤ主義(anti-semitism)の嫌疑で党役職籍を剥奪された事件を追ったものである。ものすごくかいつまんで言えば、労働党内の右派が体制側の人間やメディアといっしょになって、パレスチナと連帯する左派をスキャンダラスに非難し、つるしあげたという気の滅入るような騒動の記録だ。

 2015年、労働党内左派でずっとパレスチナと連帯してきたジェレミー・コービンが党首になったとたん、「労働党には反ユダヤ主義の問題がある」というキャンペーンが始まった。テレビニュースや新聞から流れてくる批判は、コービンに近い活動家で人種差別問題やパレスティナの人権にかかわる者に集中した。私の知りうる範囲では、コービンに対しても当初から今日に至るまで、からかったり侮辱したりする風潮がメディア関係者や知識人の間に蔓延している。まあ、ティリーザ・メイやボリス・ジョンソンも相当にからかわれてはいるが、コービンへの遠慮のなさは、トニー・ブレアが登場したときとは雰囲気が少し違っているように感じる。

 これはブレアやゴードン・ブラウンがイスラエル支持だったのに対し、コービンが反対側にいるという事情と無関係ではないようだ。インタビューに応じた者の説明によると、労働党にとって強力な資金源となっているシオニストが少なからず存在するため、「パレスチナ人の人権を擁護すると反ユダヤ主義者と決め付けられてしまう」という構造的な問題があるのだ。「反シオニズムは反ユダヤ主義」という無茶な発想で、パレスチナ支援者の発言を細かくチェックする右派もいて、「党内のマッカーシズムだ」という声や、「党が密告をさせるシュタージのような構造になっている」という批判まである。

 ジャッキー・ウォーカーもその被害者だ。ウォーカーの祖母は黒人奴隷で、アメリカから追放されて英国にきた。父親はロシア系アシュケナージユダヤ人、つまり白人で、母親はアフリカンジャマイカンだがユダヤ系ポルトガル人の血を引く。したがってウォーカーは自身のことを「黒人でユダヤ人」と言っている。ウォーカーは、極右政党のナイジェル・ファラージュが国会議員になろうとしたとき、強力な反対キャンペーンを張って防いだような、行動力のある人物である。映像にも、”Refugee have the right to asylum / Palestinians have the right to return” という横断幕の傍らで演説する場面が出てくる。そんなウォーカーが、「ユダヤ人の多くが(私の祖先も含めて)奴隷貿易の主な投資家だった」とフェイスブックで述べたものだから、大騒ぎになった。シオニストの激しい非難に遭い、あやうく党員資格を停止されそうになったが棚上げになった。ウォーカーの支援者は、「彼女が黒人で女性だから余計に攻撃されたんです。差別ですよ」、と述べている。この事件をウォーカーは「リンチ」という芝居にして自分で演じた。

画像
【Jackie Walker】Altg20April2nd [CC BY-SA 4.0]

 いったんは首をつないだウォーカーだったが、ほとぼりの冷めないうちにまた攻撃にさらされることになる。「ホロコースト記念日は、ユダヤ人以外の経験者にも開かれたものにすればすばらしいだろう」と発言したことが、ホロコーストを「特別」ではなく比較しうるもののごとく言及したとして非難されたのだ。しかし哲学者で社会運動家のモシェ・マコヴァー(Moshe Machover)は、ウォーカーを擁護する。「ホロコースト記念日の式典は排他的にするべきではない。狭い解釈ではなく、人間的な解釈がいい」。この論争は、確かにまだ十分になされていないような気がする。結局、ウォーカーは弁明の機会も与えられず、運動副議長の座を剥奪されてしまった。このドキュメンタリーではウォーカー本人以外に、労働党の内外で反差別やパレスチナ支援の市民運動に参加してきた人々がインタビューに答えている。英国の街に出た活動家の声が聞けるめずらしい作品である。

 以下の制作者サイトで全編公開されていてご覧になれる。(1時間23秒、英語、カラー)
https://witchhuntfilm.org/#watch






 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ドキュメンタリー「魔女狩り」(Witch Hunt)英国労働党とシオニズム ヨハンナ比較文化研究所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる